So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

9人が犠牲になった事故の慰霊式

米ハワイ・オアフ島沖で2001年2月、愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が米原子力潜水艦に衝突され、9人が犠牲になった事故の慰霊式が9日午後(日本時間10日午前)、ホノルル市で開かれた。満10年となった今年は、遺族ら日米の関係者約150人が参列。9人の冥福と世界の海の安全を祈った。 式典は同市カカアコ臨海公園内の「えひめ丸慰霊碑」前で開かれ、事故が起きた午後1時43分に合わせ、犠牲者に黙とうをささげた。 遺族を代表して、同校2年水口峻志さん=当時(17)=の父龍吉さん(58)が「10年を一言で言い表すことはできないが、慰霊碑はいつ来ても美しく管理されており、感謝している。9人の魂も寂しい思いをせずにいられる」と謝辞を述べた。 中村時広愛媛県知事は「次の世代に語り継ぐことで教訓を得て、二度と同じ犠牲が生まれないようにするのがわれわれの定めだ」とあいさつした。 その後、遺族らが慰霊碑に献花。県の特産として知られるミカンの木3本を植えた。 龍吉さんは式後、原潜元艦長のワドル氏について「罪を憎んで人を憎まずという風にはできないことがあった」と胸の内を明かした。事故の風化に関しては「仕方ないが、時の流れを止めるのがこの公園。慰霊碑と息子の名前は残る。誰かが継いで活動していただければ」と話した。 慰霊碑は事故から1年の02年2月、えひめ丸が出航した埠頭(ふとう)や沈没現場などを見渡せる場所に建立。船体から引き揚げられたいかりが据え付けられている。

歌手の中島美嘉さん

歌手活動を休止している歌手の中島美嘉さんが、4月から半年ぶりに活動を再開することが10日、明らかになった。復帰第1作のシングル「Dear」が映画「八日目の蝉」の主題歌になることも決まった。 中島さんは、「耳管開放症」のため、昨年10月下旬から音楽活動を休止。「納得できる歌が歌えないぐらいに悪化してしまい、治療に専念したい」という理由から、10月の大阪城ホール(大阪市中央区)、11月の日本武道館(東京都千代田区)で予定していた10周年記念ライブを中止した。だが、「ライブを楽しみにしてくれていたファンにおわびしたい」と本人の強い希望で中止した全公演分、会場に姿を現し、コメントしていた。 活動再開後、初めてリリースする新曲「Dear」は、4月29日に公開される女優の井上真央さんや永作博美さんが出演する映画「八日目の蝉」(成島出監督)の主題歌に決定した。CDは4月27日にリリースされる。「Dear」は中島さん王道の感動的なバラードに仕上がっているという。カップリング曲は中止になった大阪城ホールで中島さんがあいさつをした際、会場に集まったファンたちが大合唱したという「A MIRACLE FOR YOU」をアレンジし直して、再レコーディングした。さらに、4月22日から全国ツアー「MIKA NAKASHIMACONCERT TOUR 2011【THE ONLY STAR】」がスタート。サンシティ越谷(埼玉県越谷市)を皮切りに7月まで全33公演を行う。 中島さんは「昨年、休養発表をした際にファンの方や関係者の方からたくさんの温かい励ましをいただきました。みなさんのお陰で必ずあの舞台に戻る!という決意が揺らぐことはありませんでした」と療養期間について振り返り、「4月からの全国ツアーではいつものように毎回激しく緊張するかと思いますが、私にとってライブは感謝を直接伝えられる場所。恩返しのつもりで私のベストを出したいと思います。特に気持ちは100%出し切るつもりで頑張ります。一緒に幸せになれたら最高です!」と決意を新たにしている。 「八日目の蝉」は直木賞作家・角田光代さんの初の長編サスペンスが原作。10年にNHKでドラマ化されている。不実な男を愛し、母となることがかなわない希和子(永作さん)は相手の男と妻との間にできた赤ちゃんを連れ去り4歳まで愛情いっぱいに育てた。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜(井上さん)はある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じく家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らす小豆島へと向かった恵理菜が、そこで知った衝撃の真実とは……というストーリー。中島さんは「登場する方たちがそれぞれ長い間、秘密を抱えてその痛みが愛に変わっていく。心の深いところでの人と人のつながりというものを感じられました。そんな素晴らしい映画のお手伝いをさせていただけることをとても光栄に思い、精いっぱい頑張らせていただきます」と主題歌を担当する喜びを語っている。

妖精を信じる国のお話らしくて素敵です

狙撃兵は独立行動が普通であり、また特殊部隊としての性格も帯びるため、ホビットの弓手たちが記録に残っていないのは不思議でもありませんね。あと彼らは後に東方へ流れていって忍者の源流になったという話があります. StarCraft2フィギュア

現在中つ国で知られている創世神話はアイヌア達の経験に基づいている。ひょっとしたら、アイヌアが中つ国に降り立った後になって、イルーヴァタールが何かを思い出して付け足した種族なのかもしれない、と考えるとエルダール達の伝承に来歴が記されてない説明もつくかな?いずれにしても、その曖昧な来歴の者が来歴の確かなエルフや人間を救うというのが指輪物語の肝ですな。 全能のイルーヴァタールが、指輪の始末そのためだけに造った種族とか。サウロンの始末ついたから、後は好きに衰退していきなさい、だったらシビアな世界だ。

衰退しているんですかね?指輪の序文「ホビットについて」の中で、たしか「ホビットは姿を隠すのがうまく、今では魔法のように人の目から姿を隠すことができる(もっともホビットは魔法は使わない)」みたいなことが書いてあります。現在の自然をないがしろにしている人間族に嫌気がさして姿を隠しているだけという見方もありそうな気がします。 しかし終わらざりし物語によれば、衰退していったと考えたほうがいいかもしれません。非常に残念なことですが・・・。同じところに(指輪戦争)当時はいまよりずっと数が多く、とありますから。StarCraft2スタークラフト2 Marine Tychus Findlay Statue 全金属フィギュア
第4紀には、人間以外の、全ての口を利く生き物が衰退するとも書かれていたような
作品上の設定はさておいて、この世界と中つ国を繋ぐための架け橋としてそういう話を書いたんでしょうね、きっと。ホビットは今もいるけど、上手に隠れてるから誰にも見つけられないだけなんだよ、みたいな。妖精を信じる国のお話らしくて素敵です。


突如として文字通り姿を消してしまう

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン教授による、『ホビットの冒険』の続編として書かれた小説。第三紀の指輪戦争の事が記されており、ホビットが西方語で書いた『西境の赤表紙本』を、トールキンが英語に翻訳したという形で書かれている。


児童文学として人気が出た『ホビットの冒険』の続編を希望されたトールキン、本来は前作の主人公であったビルボ・バギンズを主役にして雰囲気も前作と同様の、単純な話を想定していた、だが何度も描き直すうちに構想がどんどん膨らみ、やがてはトールキンが以前から形作っていた神話体系(シルマリルの物語の一部)も大きく組み込まれ、壮大な物語へと成長していった。指輪物語 アングマールの魔王 Witch-king of Angmar 半身鎧像


『指輪物語』はamazon.comで行われた「過去1000年で最高の本」アンケートのトップになった。これは大袈裟としても、『指輪物語』20世紀最高の文学作品の一つとして認知されており、エルフやドワーフという種族のイメージを一般化し、近代ファンタジー文学(そしてそのイメージをもとにしたゲームなど)の基礎を築いたという点は、誰もが認めるところである。


ビルボ・バギンズがはなれ山への旅から戻ってきて60年後。ビルボは養子として甥のフロド・バギンズを迎えていた。そしてビルボの111歳の誕生日パーティーが開かれたが、ビルボは宴会の最中に別れの挨拶を述べ、突如として文字通り姿を消してしまう。フロドの元にはビルボの遺産と、彼がはなれ山への冒険で手に入れた魔法の指輪が残された。魔法使いガンダルフはフロドに指輪を大切に保管し、使用はしないように忠告すると再びホビット庄を去っていった。 指輪物語


それから更に17年が経ち、再びガンダルフが10年ぶりにフロドの元を訪れた。そしてガンダルフは、ビルボが残した指輪が冥王サウロンの『全てを統べる一つの指輪』であることを告げる。もしこの指輪が冥王の元に戻れば中つ国は暗黒で包まれる。そのためフロドは、指輪を破壊するために旅に出る。


自分の力量や戦術に似合った大きさ

長柄形の武器は、基本的に使用者の身長辺りから、それより2倍位までが最も無難であるとされるが、使用者の身長の数倍以上の物を扱う者もいる(大体基準4〜6m位)。逆に1m位の物も有り、片手で扱う武術もある。「無用の長物」と言うように、使用者が扱えない程長くなれば戦闘に殆ど使えないと言う事も有り得るので、特殊な方法(集団戦法など)を除いて自分の力量や戦術に似合った大きさの物を選ぶ方が良い。単純に刺すだけでなく、叩く、薙ぎ払う、掠め・叩っ斬る、絡める、引っ掛ける等様々な戦い方が開発されている。黒檀と黄銅製ヌンチャク 練習、収集用 黒


両手剣類を扱い易くする形で、槍に似た形を得た武器もある。長巻やツヴァイヘンダーなどがいい例であり(刀身根元付近に刃着けしないかあるいは革柄で覆ったリカッソと呼ばれる部分を施したグレートソードや、同様に大太刀から長巻に変遷する途中に刀身中程まで柄巻きを施した中巻野太刀のように、形状は異なっても扱いが槍や薙刀に近似しているものもある)、何より原始に初めて槍が使われ始めた頃から現代に至るまで、一部の例外を除き基本的な構造にほとんど変化が見られない事からも、槍は武器として一つの完成形とも考えることが出来る。19世紀頃になると火器類が普及するようになり、槍はこれに取って代われていった。しかし戦闘時に於ける槍としての機能の有効性は未だ健在であり、軍用のサバイバルナイフの中には柄の部分が空洞になっていて、そこに木の枝を挿し込んで(ソケット式の)槍にする物もある。銃剣も剣と書いてあるが実際、扱い、形状共に槍(銃剣単体=穂、銃身=柄、とも見て取れる)であり、歩兵銃にも銃剣が付けられる事を最低条件としている国もある。元々工具のシャベル(形状が一般的な槍に似ている)も時には白兵戦の際の打撃武器として有効で、特に塹壕戦では白兵戦用の武器の中で最も活躍した立派な武器として認知されている。Ti-6Al-4Vチタン合金ヌンチャク


槍を投擲する概念も、現在の陸上競技では投げた槍の飛距離を争うやり投が存在する。しかし、投射の目的で作られているピルムやアフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、ポリネシア・メラネシア・ミクロネシア太平洋諸島圏及びハワイ諸島、南米奥地等にかつて観られた狩猟・戦闘兼用の投擲槍等を除き、ほとんどの槍は、投げる事には不向きである。


大型の武具全般に言える

槍は人類最古の狩猟道具・武器の一つで、白兵戦用武器の中で最も活躍した実用的な武器の一つであり、その用途、種類は幅広く類似品も数多く存在する。槍は人類の戦いの歴史に無くてはならない武器であり、全ての時代において使用され続けている。近世以降は銃剣を着剣した小銃が狭義の槍に取って代わったが、その使用法は槍そのものである。黒檀製ヌンチャク


旧石器時代には既に人類は槍を使用していたことがわかっている。鋭い牙や爪、突進力を有する動物に対するために槍の持つリーチは有効であり、この利点はそのまま対人の兵器としても発展していった。刺突だけでなく斬撃や打撃を駆使して戦う事ができる。そのため戦斧、鎌、フック、鶴嘴、ウォーハンマー、戈、など多種多様な長柄武器に発展していった。欠点としては、大型の武器の為、閉所での戦闘には向かない事や、その長い柄は大剣等よりも戦闘をより有利にするが使用方法を誤れば不利に転じる事もある。


担架やもっこの代用品として負傷者や荷物などを運ぶ道具として使用されることもある。旗竿としても使われる。ヌンチャク販売


戦闘時に相手との距離がとれることによる恐怖感の少なさや、振りまわす事による打撃や刺突など基本操作や用途が簡便なため、練度の低い徴用兵を戦力化するにも適した武器であり(ただしハルバードなどのように多数の機能を持つ複雑な穂先を持つ場合、その扱いには一定の技量が必要な上、重心が穂先に向いてしまうため、初心者には不向きな物も多い)、洋の東西を問わずに戦場における主兵装として長らく活躍した武器である。一方、槍術と呼ばれる技術体系も存在し、棒術と組み合わせる事も多い。また、その長さの持つ威圧感から、軍事力の象徴的に扱われることがあり、特に衛兵や門番は槍を持った姿が多い。槍を長くするほど、相手との距離を開けて戦える上、相手側からは基本的に攻撃が届かず不利になる為、長さが同じか、それ以上の距離を稼げる武器が必要となる。一方で槍が長くなればなるほど近距離での戦闘が絶望的になるのと同時に、森林や狭所などでの移動や取り回しが難しくなるなどの(大型の武具全般に言える為あまり問題視されていないが)欠点がある。しかし、ファランクスや槍衾(やりぶすま)など野戦で横列を作り、「槍の壁」を作ることで仲間同士で弱点をカバーし合うなどの戦術は西洋東洋を問わず考案されている事が、集団戦術における槍の有効性を証明している。ただし個人戦の場合、長物のため、武術体系を習得し扱いきるのは困難である。しかし同じ長物である大剣等と比較すると、そこまで扱い辛い物では無く、近間での戦闘でも長柄によって問題無く戦闘が出来る(個人の力量や槍の形状にもよる)。その代わりに槍術を習得するのが非常に難しい上、棒術などの他の武術体系の習得の必要性が多くなる問題が有る。


当事にドイツで生産された銃の場合

トンファーバトンと愛さん。トンファーより爆乳のほうが武器にふさわしい?


冷兵器の定義について

火薬を使用しない格闘武器を冷兵器と定義しており、本書では冷兵器の中でも刃を使用しない打兵器、投射武器をこのカテゴリーに分類している。

銃火器や爆発物に比べて威力は落ちるが、手軽に使用できることや訓練を受けていなくても力任せで使えるなどの利点もあり、銃火器が一般的な武器となっても未だに使用されている。

人類がホモ=サピエンスとなり、初めて手にした武器がこん棒であり、これが冷兵器の元祖である。


冷兵器の種類についてヌンチャク

本書での冷兵器は打兵器、投射武器を指す。

打兵器(主に打撃力、打兵器の質量によって相手にダメージを与える武器)

メイス、金砕棒、十手など


投射武器

弓の反発力やゴムの弾性で矢、石などを発射する武器。

和弓、クロスボゥ、スリングショット(パチンコ)

銃の生産国名は、生産された当時の物を使用しています。夜光型ヌンチャク

ですので、WW当事にドイツで生産された銃の場合、ドイツ第三帝国となり、1890~1900年の中国の場合、大清帝国となります。

ナチス・ドイツ政権や国家社会主義政権に対しては一切関係ありませんし、肯定しておりません。

寸法、重量などに関しましては、ヤード・インチをメートルに、ポンド、尺貫法をメートル、キログラムに換算する為、若干誤差が出る場合があります。

萌える銃火器データベース本文は(私が加筆、創稿した物も含め)全てコピーレフト文になりますので、転載、引用、Wikipediaへの投稿は自由です。


ただし、自HPへの転載、引用の場合コピーレフト文である事を明記して下さい。

また、筆者の加筆分、新規創稿文などは翻訳解釈の違い、誤訳、原文そのものの誤りなどがある可能性もありますので、100%その内容を保証できません。よって、Wikiへの投稿などによって生じたあらゆる事象、不都合などは、当HP、管理人は一切の籍を負いかねます。自己責任にて投稿をお願い致します。


岩石でできた太陽系外惑星

米航空宇宙局(NASA)は10日、惑星探査機「ケプラー」が岩石でできた太陽系外惑星を発見したと発表した。これまでに見つかった中では最小だという。
太陽系外惑星は、太陽以外の恒星の周りを公転している惑星を指す。今回見つかったのは惑星は直径が地球の約1.4倍で、質量は地球の約4.5倍。8カ月以上にわたる情報収集を経て存在が確認された。岩石を主成分とする地球型の惑星をケプラーが発見したのは初めてで、「ケプラー10b」と命名された。
この大きさの地球型惑星は、ガスでできた惑星に比べて水が存在する確率が高く、恒星からの距離によっては何らかの生命が存在する可能性もある。ただしケプラー10bの場合は恒星との距離があまりに近く、生命の存在には適していないという。
しかしNASAでは、ケプラーによって今後もさらなる発見が期待できることがこれで分かったとしている。
ケプラーは惑星が通過する際にわずかに変化する恒星の明るさをとらえ、大きさなどを測っている。

バラバラになったレンガ

設計図


どの種類にも中に設計図が入っています。その絵を見ながら下から順番に、一列に何個のレンガを並べるか、どの種類のレンガを使うか、見ながら誰でも作れるようになっています。参考に作り方の説明をします。


モルタルの作り方木製組み立て模型おもちゃ 車類  ハーレーオートバイ 


モルタルは、害がないよう細かい砂とトウモロコシのエキスから作られています。(天然素材のため多少の臭いはします。)付属の容器とヘラを使い、モルタルのパウダーと水を3:1の割合でよく混ぜてください。レンガに付けた時にたれてこない程度の硬さが良いと思います。


モルタルの付け方


各箱の中には、プラスティックか木の台が付いています。その台の上に下から順番にレンガを並べていきます。一番下は側面(横)にモルタルを付けて並べて行ってください。一番下が並べ終わったら、次に、レンガの上にモルタルを付けておいてから二列目を乗せていくと、きれいに、うまく乗せていくことができます。一つ一つレンガにモルタルを付けて乗せていくよりも仕上がりが均等にできると思います。


組み立て方組み立て車類おもちゃ


一列目のレンガの上にモルタルを付けた後、順番に片方の側面にだけモルタルを付け、となりのレンガとくっつくように順番に乗せていきます。横に軽く押してあげると均等にモルタルが側面(横)に付きます。軽く下と横に押してあげると、余分なモルタルがはみ出てきます。はみ出たモルタルはヘラで取ってください。このような方法で下から順番に組み立てていきます。少し乾いたときに歯ブラシ等ではみ出ているところをこすってあげると、よりきれいにできあがります。順番に組み立てていくことで、家やお城が出来上がってきます。子供でも一人で十分作ることができます。作り終わった後も、人形等を使って遊ぶことができます。自分で作りあげた家は、よろこびも倍増でふだんより長く遊ぶことでしょう。


作り変える場合


Teifocの製品は、種類により違いますが、1つから5つのプランを楽しむことができます。その製品が何プラン作れるかは、商品ページの詳細に記載しました。作ったものを作りかえる場合、水に何時間かつけておくことで、バラバラにできます。(モルタルは水に溶けるよう作られています。)水につけ、バラバラになったレンガをすすいで砂を落とし、乾かすことによって、また最初と同じようなバラバラのレンガになります。新しいモルタルで何度も最初から作り変えることが可能です。商品の箱には、何回も作りかえることができるように十分なモルタルのパウダーが入っていますが、別売りでモルタルパウダーだけを購入することもできます。子供だけでなく大人でも十分楽しめる製品になっていますので、是非、親子で作ってくださいね!


動かないものが車輪

今回は、ねじったりたたいたりしながら形を変えてゆく、組み立て玩具のお話しましょう。 木製組み立て模型おもちゃ


おもちゃはそれを見ただけで、にぎるもの・転がすもの・たたくもの・動かすものなど、その使い方が誰にでもすぐ分かるものが多いのですが、3歳を過ぎて手先の動きも発達し、構成遊びができる様になってくる頃に使い始めて楽しいのが、組み立て玩具ではないでしょうか。

自分がする何かの行為で形が変わってくる、動かないものが車輪を付けて動くようになる、おもちゃのそんな変化を楽しみ、自分がやったという達成感を感じることができるのかもしれません。組み立て恐竜おもちゃ


2歳児ではねじねじ遊び。単純に入れる側の部品と、受ける側の部品を、相方を替えてねじねじ~~と組み合わせる。本当によく遊びます。

3歳を過ぎると、ハンマートイやノックアウトボールで鍛えた技術で、釘部品を使って、いくつかの部品をつなげだします。 もちろんその時に、恐竜とか車とかをイメージしていれば、おもいきり誉めてあげましょう。


遊び慣れてくると、こんどはボルト・ナット部品を、回す側と受ける側にして、両手を使って締める動作が出来るようになります。こうなるとイメージした形が色々と作れる様になります。 DIYおもちゃ


想像が創造へと発展する。おもちゃ遊びからいつか生活の知恵となる。ひとつのステップに出会うことになるのかもしれません。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。